社労士紹介

好きな言葉は「慎重・賢明」

相談者の皆様を陰で支え続けます。

ごあいさつ

個人の能力が最大限に
発揮できる職場づくりを目指して

こんにちは。戸小台沙智(とこだいさち)です。過去は保険会社や銀行、監督署に勤めたことがあります。

金融機関に勤めていた頃は、主にライフプランや資金計画等の相談業務に従事していました。経営者から話を聞く機会も多くあり、その多くが従業員の雇用に関することでした。

一方、個人の労働者からの相談では、本来取得できて当然のはずの有給休暇や育児休暇が取れずにやむなく退職したケースや、業績不振を理由に突然解雇されてしまったケースなどがあり、当時はこれらのことには話を聞くことしかできない自分自身にもどかしさを感じていました。

そしてこの度、社会保険労務士として開業しました。前述の過去の経験を踏まえ、「経営者と従業員の双方にとって働きやすい職場環境作り」を全力でサポートしたいと思います。就業規則の作成や見直し、助成金申請、年金のご相談など、いつでもご用命ください。お気兼ねなくお立ち寄り、ご連絡いただければと思います。

代表

戸小台 沙智

TOKODAI SACHI

主な経歴

1999年
大手生命保険会社入社
2007年
地方銀行勤務
2021年
労働基準監督署勤務
2014年~
研修講師として自営業も兼業中

保有資格

社会保険労務士(No.202000079)/ 運行管理責任者(貨物)/ 金融知力インストラクター / サービスマナー講師 / ファイナンシャルプランナー(AFP)/ メンタルヘルスマネジメントⅡ種

所属団体

岩手県社会保険労務士会盛岡支部 / 日本FP協会岩手支部

専門分野

労働・社会保険 / 就業規則・諸規程 / 年金相談 / 助成金 / 給与計算 / 企業研修 / セミナー講師

セミナー実績

年金相談者の話し方 / 社会保険から考える生命保険設計 / CS&ES向上の関係 / 結局「働き方改革」ってなんなの? / パラレルワーカーの事例紹介 / ハラスメントを予防するために必要なこと / 等多数

対応エリア

主に岩手県・宮城県・秋田県・青森県がメイン。他の地域についてはオンラインで全国対応可能。

趣味・特技

バイク(愛機「ZX-6R」&「SEROW」)、バレーボール(9人制ハーフセンター)

プライベート

岩手県盛岡市在住。夫と子ども2人で暮らしています。最近は道の駅めぐりがマイブーム。行きは私が運転して、帰りは助手席専門です(笑)。夫にハンドルを任せて、隣で歌を歌うのが至福のヒトトキ(歌詞は間違っても気にしない)。中島みゆきとスピッツ推し。社交的と言われることが多いのですが、凍てつくギャグを飛ばすこと多々あり。本人は大満足(笑)。

私が社会保険労務士になった理由

社会保険労務士を目指した理由は、「税理士ちゃう。社労士や!」と気が付いたからです。その昔、私は「経営者やそこに働く人たちのために税理士になりたい!」と思い学習を始めたことがありました。その授業の帰りに受け取ったパンフレットに社会保険労務士の説明がありまして…「あっ。こっち(社労士)だ!」となりました。

そのパンフレットには「会社づくりは人づくり」と謳う先生のコメントが掲載されていて、ひどく共感したことを覚えています。これを見なかったら、社会保険労務士にはなっていなかったと思います。

開業にあたって

すでにFP・講師業で開業していることもあり、社会保険労務士としての開業に抵抗はありませんでした。それでも今の仕事や家庭との両立や、専門外の案件が舞い込んだ場合に対応しきれるか?など、不安は多くありました。ただ、やってみなければわからない。成功はお客様と一緒に成し遂げることだと考え直し、将来を見据えて開業することにしました。

今後の目標

私自身の一番の目標は、仕事を通してお客様のお役に立てるようになることです。そのためには私自身が成長し、信頼を得られるよう努力を継続することが必要だと思います。そして、いつの日か多くの従業員を雇えるようになり、社会に還元できるようになりたいと思います。

社会保険労務士として目指すところは、「労使の関係を円滑なものとし、会社の利益を間接的に向上させること」です。社会保険労務士の仕事は多岐にわたります。給与計算もあれば助成金を申請し就業規則を作ることも仕事のうちです。

しかし、それらが事務的に終わってしまえば、ただの事務代行要員で終わってしまいます。こうした業務をきっかけにお客様に最大の利益をもたらせるよう多角的な提案をしたいと考えています。

お気軽にお問い合わせください。090-1065-4289受付時間 8:30-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ